ポワロかマープルか

IMG_2741

もりもりと働いています。しかしもうちょっとプライベートの充実を考慮するべきではないのかわれわれは、という話を親友たちとしつつ、激うまいカレーを食べ、ケーキを堪能し、うちひとりの誕生日を祝いました。そしてさらに、食事終了までに合流できなかったもうひとりの仕事人間が泥酔してにやにやしながら帰り道で待ち伏せしている、という事案も発生。まあみんな会えて無事に帰れて(←重要、特に泥酔の人)よかった。

 

しかしプライベートの充実も、仕事の堅調さあってこそ。おかげさまで猫耳帽子も続々発送しています。各色揃うとこれもまたカワイイ。海外へも無事にお届けでき、ありがたいメッセージも頂戴して感激でした。ありがとうございました!!!

 

Processed with VSCO with f2 preset

こちらはお世話になった方にリクエストを頂戴して編んだどんぐり帽子です。まだ寒いまだ寒い!と自分に言い聞かせながら少し前に発送。

 

IMG_2702Processed with VSCO with se3 preset

この間かせの写真をご紹介したJill Draper Makes Stuffの、Ecopus 250のGraphiteはゲージを取りつつ行程と模様を確かめつつ……という状態で写真を撮り、注意点などチェックしていまはマジックループで両足同時に編み始めています(写真もマジックループですが、片足だけお試ししただけなのでつまり既にほどいた)。コードの長い輪針で、そのコードの長さよりずっと短いものも編める、だからソックスなんて両足同時に編めちゃうという、やってみれば簡単な目から鱗のテクニックであるところのマジックループを考えた人はすごいですよね(小並感)。おもしろーい! 編むのがおもしろくて編みたくてたまらないものを1つは抱えておくと仕事もはかどるのですごくいいですよね。馬の前にぶらさげたにんじん的な感じで。この仕事が終わったらあれを何段編んでよし!とか、あっちをこんなに編めたから仕事もがんばろうとか、もうきょうはくさくさしてやってられないからあの楽しいの編んでリフレッシュしよ!とかですね。最後のが多くなりませんように。

編み物はテレビを観たり本や雑誌を読んだりしながらできるのがよさのひとつだと思います。視線の動かし方として本よりは雑誌、そしてそれらよりさらにテレビが相性がよいかと。仕事の編み物などは、番組を1本観ている間に1つ完成させる、などと決めるとむしろまじめに編めるので、観ながら取り組むのが時間管理もできてベストです。野球が最高なんですけど、WBCも終わったし(素晴らしかった、号泣)野球のない日は録画しておいた海外ミステリの名作など観ます。そのなかで編み物といえばミス・マープル。実のところ、私はポワロの方が好きではあります。ポワロのお部屋のインテリアは素敵だし、ポワロが自分で自分をポワロと呼ぶところ、ポワロの自己肯定感の高さなどが愛らしい。さりとて編み物。

IMG_0809IMG_1132

なんてこと ヘザーが。わかりますか、どっちもやっぱりイギリス式(アメリカ式)なんですよね。さすが。右手の指に糸をかける英語圏式、日本ではアメリカ式と言われることのほうが多いでしょうか。左手の指に糸をかける方式はフランス式と呼ばれることが多々ですが、仲良しのドイツ人ニット作家、ベルンド・ケストラーさんが編んでいるところを見て「ベルンドさんフランス式なんだー」と言ったらジトッと睨まれて「これはコンチネンタルと言います。あるいはドイツ式! フランス式なんて言うのは日本だけ!」と怒られました。だけかどうかはわからないですけど(フランスでも言いそうじゃありませんか?)、確かに英語でもcontinentalと称されるのをよく目にします。Germanと呼ぶのも見たことあります。私もコンチネンタルです。家庭科の授業に伴って編み物を始めた頃は母に習ったはずなのでアメリカ式だったに違いないのですが(母の頃は右手の指にかける以外の手法なんて聞いたことなかったそうです)、その後かぎ針を主に使うようになって、かぎでは右利きの場合、必ず左手の指に糸をかけるので、反対は気持ちが悪くてできなくなってしまったのでした。でも編み込みではがんばって右にも持ちます。

それはともかく、イギリス式のミス・マープルが編んでいるのはだいたい朱色みたいな赤い毛糸なんですよね。自分では着なさそう。それで幅が狭いの。見てください、特に下のジュリア・マッケンジーの編み地の小さいこと。常に袖を編んでいるのか……? いまのように録画やSNSが発達した時代のドラマであれば、どこの毛糸でなにを編んだ、とか趣向を凝らせばさらにファンが盛り上がりそうです。

でもいまよく観ているのはポワロなんですけれども、ポワロも「フランス人の小男」と面と向かって言われ、「ノン! ポワロはフランス人の小男ではありません! ベルギー人の小男ですっ!」と憤慨していましたので、ベルンドさんの気持ちもわかる(違う)。

IMG_2749

いぬがまるく撮れたのでついでにつけておきます。しゃしんなんかとってないではやくはくさいをくれろと怒っています。愛犬家のみなさん、換毛期、始まりましたよね……!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中