穴があったら

先日、むかーしからの友人たちとごはんを食べたのですが、そのうちのひとりが、銀座三越の Kate & Co. ポップアップショップにも来てくれてお買い上げもしてくれるなど、ずーっと Kate & Co. を応援してくれていたにもかかわらず、「えっ? Kate & Co. ってナンシーが主宰してるだけじゃなくて実際に編んでもいるの? えっっっっデザインも???」とめっちゃ驚いていました。わかるーーー。昔を知っている人からすれば、私に編み物のイメージは皆無ですよね。もう1人の友人は、突然「ナンシーは高校生のとき目をらんらんとさせてジャパタイのクロスワードをやっていた」と記憶をほじくり返して話し出しました。そっちもわかるーーーー。クロスワード大好きなんですよ、昔っから。昔、勤め人だったときにも、オフィスに届く毎日新聞の金曜の夕刊に一面割いてでかいクロスワードが載っているのに目をつけ、先輩しかいない職場だったのに許可も得ずに勝手にかっさらってやっていました。いつか自分でクロスワードとか数独とかサムドクとかの本をつくりたい。またはゲームの解説本のライターをやりたいです。イラストも描くよ!!

 

ところで、私のクロスワード狂を思い出した方の友人が、愛用していたブーツソックスに穴が開いちゃったんだけどどうしたらいい?と見せてくれたので、友達なので直してあげることにしました。これはただ毛糸で縫ってふさぐだけでも、それこそ先日のダーニングでも、フェルトなどの生地をはりつけても、どうやってもOKだと思うのですが、私の簡単なお直しをここに記しておきますね。

 

IMG_3820

拇指丘のあたりでしょうか、1目分ぐらいの穴が見えますね。

 

IMG_3823

ここに1目編んで、そのまわりを糸で拾って、ぐちゃぐちゃぐちゃと……

 

 

なんか……ぐちゃっとした……??

結局ですね、私もこういうのたいした能力はないのですが、ほどけないように毛糸をまわりの目に通して、何度か行ったり来たりさせて、小さく縛って糸を切り、糸端をぐるぐるとまた何目かに行ったり来たり通しておしまい、という形です。今回は1目編みましたが、べつに編まなくても平気です。糸をぐるぐる通すだけでOK。最初のうちは修理したところが少し厚いのが気になったり、見た目の違和感があるかもしれませんが、履いているうちに糸がなじんでフェルト化し、すぐに気にならなくなると思います。毛糸のソックスはそのままでフローリングなどの床を歩いていると、どうしてもシーズンの終盤には薄くなってきたり穴が開いたりすることがあります。私はこのソックスを履いてからスリッパを履いているので、そうすると相当破れにくいのですが、こんな分厚いソックスを受け止められるスリッパばかりじゃありませんよね。

穴が小さいうちに、お手持ちの毛糸で、ぐるぐるぐちゃぐちゃとしてみていただけたらうれしいです。ロービングヤーンという種類の糸がフェルト化しやすいです。いっそ派手な色でするのもすごくかわいいと思うのですが、やっぱりソックスと同じ糸で補修したい、ということでしたら、イステックスの「アラフォスロピー」という糸ですので、探してみてくださいね。ネットでも買えますし、渋谷西武A館7階のマテリアルショップや、手芸用品店ウィステリア、オカダヤさんなどにあると思います。

この友人の靴下は、かかとも少し薄くなっていたので、穴と同じような感じで補強しました。だからかかとあたりもちょっとつれてぐちゃぐちゃしていますがお許しを……!

ブーツソックスは、底をつけたルームシューズバージョンのご依頼を何度もいただいているので、今年こそやらなくては……

 

最近のアクリルたわし。一緒に写っている真ん中のは、キールズのレアアースマスクという毛穴ケア製品で、泥っぽいのを塗って10分置いて洗い流すやつなんですけれど、売上純益100%が動物保護団体のランコントレ・ミグノンに寄付されるということで、発売開始直後に勇んで買ったのです。これがすんごいいいの!!! 化粧ののりが違います。おまけにこれを買ったときにブラーという毛穴を目立たなくする下地のサンプルをもらったのですが、それもすんごいよくて次に街に出たときにすぐ買ってしまった。ミグノンに寄付が行くマスクは数量限定みたいなので、気になる方はぜひお早めに。ラベルも超かわいい。猫は坂本美雨さんちのサバ美ちゃんで、いぬはとつこちゃんですよ!!!(わかる人にはわかる激カワ大人気老犬)

アクリルたわしのほうは、左は三國さんのラヴァーズ・ケーブルのミトンの模様です。編みもの修学旅行に載っています。右はなんだったか…… 普通のケーブルだな。白いマフラーのケーブルを編んだのかもしれません。トップ画像には透し編みの靴下、ヘンリーネックセーター、そしてすずらんのショールのステッチなどを使ったたわしも参入しています。憧れのすずらんのショール、いつか編みたい。心さえ決めればいつでも編めると思うのですが、たわしにしたすずらん部分より先に間違えやすい恐怖のエリアがいくつかあるらしいので、心が落ち着いているときに取りかからねば……! そして自分はすずらんという雰囲気ではないので色など工夫して自分が使いやすいようにしたいところです。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中