邪悪な心にご褒美

思い立って、毛糸がぎゅうぎゅうに詰まったエレクター2台を少し整理しました。まだもう少しすっきりできると思うのですが、一気にやると腰をアレするので、じわじわと。まあとにかく、これだけたくさんあるのだから編まねばならん、編めばカサが減る。しかし編むと洗濯の必要が出てくるんですけどね…… 人生とはエントロピーの増大。この件は考えすぎてはいけないと高校の生物の先生に習いました。

しかし素敵な編み物を、雑誌でもウェブでもインスタでも、もちろん実物でも、見るとやはりどうしても始めたくなってしまいますね、新しいのを。私はWIP(やりかけ)をずっと放置、みたいなことはあまりしないのでそれほど重症じゃないとは思うのですが、本当は1つのものを一気に仕上げたほうがいいとは思うものの、「手持ちの糸であの素敵なアレができそうかどうか」というのを頭に入れておくことは、計画性のあるよい行動だと思うわけです。毛糸を余計に買わないで済むし(重要)。あとは自分の実力できれいに編めそうかどうかとか、好みの編み方かどうかとか、そのあたりを見極めるのも大事ですよね。上手に編めるならプレゼントにしようかなと思ったりしていればなおさら。編み物におかれましては検討する要素が無数にあるわけですよ、だから、その一部を片付けると思えば、次々編み始めてもそう悪くないのだ。

でもまあ編み物以外にもやらねばならぬことは山ほどあって、見ないようにしているものもあるのだが、とはいえ、心がくさくさする出来事があったらCO(= 作り目、つまり新しいのを編み始めること)OK、ということにして、きょうは結構強烈なクソバイスを連続受信したのでもういいということにした。こういう決まりにしておけば、クソバイスからの回復が早いかもしれませんね!(邪悪) それに、最終的には山とある毛糸のカサを減らすための大切な仕事に加担しているんだし。

ということで Anna Nikipirowicz さんの Arvia を編んじゃうZO!

かっこいいだろう……!? ひと目ひと目、「人が言ったことをクソと思うのは自分の心がクソだから」と自分に言い聞かせながら編みます。嘘です。それはともかく、La Bien Aimée でかぎ針のショール(こちらの記事参照)を編んだ残りの紺、Nebula がちょうど50gあるので使ってみます。パターンのサンプル使用糸は Shibui のリネンでしたが、もっとふわっとするでしょう。しかし色のコントラストはつけたのでかっこよくいけそう。モヘアは祖母の遺産が鬼のようにあるので使います。そういえばホビーショーで買ったカシミアの細いのもあったな、グレーの…… しかしモヘアとあわせない方がカシミア自体の肌触りを楽しめるかも。これ、モヘアじゃない糸もやわらかい色で全体を同じトーンにしてふわあああーーーっと作ってもかわいいと思うんですよね。でも私はパステルスウィートな感じは似合わないので、ガッツリと紺!

 

Processed with VSCO with hb1 preset

しかし真面目なのですぐに Arvia に取りかからず、間違えて直さねばならなかった Botan を直しました。集中力のあるときじゃないと直せないので、お風呂に入って汗をぶっぱなして爽快になってからやっつけました。うまく直ったのだが、その7段あとでまた間違えちゃった。しかしほどいて直すと構造がよくわかるようになるので本当に勉強になるため、自分のプロジェクト、しかもショールみたいな、最終的に直そうとしてぐちゃぐちゃに失敗したところがあっても巻き込んで隠しちゃえ(オイ)みたいなことができるモノだとそのあたりがよいですね。なによりも、編まなければ編めるようにならないのと同様に、直さなければ直せるようにならない。コツコツ編み、粛々と直すしかないのです。編んで直す、編んで直す。

 

Processed with VSCO with a6 preset

とはいえ、真面目さもちう位なりおらが春。いえ初夏ですけれども、たいして真面目じゃないのでやっぱりCOしてしまいました。あっという間に育ちましたので試し編み用の短いコードから付け替えた100cmコード。やっぱり付け替え輪針は楽である。この調子でイケそうだとわかったのでほくほくしています。でもとりあえずはマストの編み物案件が出てきたのでそちらをやっつけます。

 

IMG_4378

先日は山形から佐藤錦を取り寄せました。仙台の伊達美味マーケットというイベントに出店していた今野農園さんのラフランスや「あいかの香り」というりんごがびっくりするほどおいしく、そしておじさんが優しかったので。すっっっっっっっっごいおいしかった。佐藤錦ってやっぱり最高です。私は山形でたった1人でさくらんぼ狩りしたことがあるほどさくらんぼが好きなのだ。無言で食べ進めてしまってやばかった。2kg買えばよかった……来年は覚えておこう。左のカップは MIMI CERAMICS さんの(MIMIさんのオンラインショップはこちら)。仙台の Welcome さんで見つけました。あまりよく見えなくてすみません……今度ちゃんと見えるように写真撮ります。エスプレッソマシンのホルダーの下に入る低さで(重要)最高に使い勝手がいいです。見た目より重くなく、土の感じが気持ちよくて、また新作が欲しいな。それにつけても尽きない物欲と編み物欲よ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中