うめしそらっきょう、まず去年

かねがね申し上げているところですが、私は梅のことをワンノブザベスト食品オブオールと思っているぐらい愛していて、さらに香りの強い野菜も好きで、ピクルスも漬け物も好き、つまりらっきょうは相当ツボです。

以前、6月は青梅のジュースと紫蘇+梅のピンクのジュースなどなどとらっきょうをつけている、と書いたのですが、それは一昨年のことで(こちら)、去年のことは書いてなかったんですね。でもやりましたよ、私は食欲には大変忠実に生きているのです。

IMG_4945

まず準備を。便利なのがこちら。エタノールの食品用除菌スプレーがおともです。でかいびんだと煮沸できる鍋がないので、酒の力で。

 

Processed with VSCOcam with se1 preset

それから大事なことはですね、びんの消毒に加え、冷蔵庫にスペースを空けておくということですね。涼しく貯蔵に適した蔵や床下などある邸宅はいいですけれども、都会のマンションではそうはいかねえ。怖いので冷蔵庫入れます。下の方のプラ板が割れてるとかは気にしないでください。もうらっきょうがひと瓶入ってますね。紫蘇は洗われるのを待っている。

 

IMG_6172

その紫蘇を洗って、ゆでて灰汁を抜いて、クエン酸かレモン汁を入れて、青梅と氷砂糖を入れたビンの一番上に載せておきます。そうすると色がダーッと下に出て、カワイイピンクのジュースに。たまりません。

 

IMG_6246IMG_6247

らっきょうはこの年は2キロ買いました。1キロずつ買って、買ってはむいてむいてむいてむいて……。手間ですが、合計2キロなら耐えられる。やるべきだ!! 次の年のおいしさのために!! 1キロは塩漬けに、もう1キロはそのまま甘酢漬けに。

 

IMG_0388

並べて写真を撮りました。ちょっと時間差があるうえに全部並びきってないですね。真ん中のジュースサーバーのついたびんに入れたのは、もうだいぶジュースが出ています。ほかは入れたてですね。氷砂糖が足りなくて三温糖かなんか足したんだった。一番左はらっきょうの片っぽですね。塩かな。

 

IMG_0402

つかるとこんな感じに。梅ジュースは氷砂糖が溶けるまでは容積が必要なんですけど、溶けたらまとめられます、このように。梅もしぼむし。

 

IMG_6257

冷蔵庫に入れるとこうじゃ! ドーン!! 圧迫感!!

 

ちなみに一昨年トライした梅のらっきょう酢漬けは好みじゃなかったため1回で終わりにしました。でも去年は梅干しも漬けたのだ!! ついに!!!!

しかし正確に言うと、梅漬けです。なんと去年はうちのそば、梅雨が明けてから晴れが3日3晩続くことのないまま(あるいは続くときもあったけれど家を空けていたなどして)立秋になってしまい、土用干しができなかったのです。でも、干せなくてもそのまま漬ければ大丈夫、梅干しほど持たないけど2-3年は平気、という説明をどこかで読み、1キロしかやらないから2-3年で余裕!と、梅漬けにしたのでした。

IMG_0407

オーガニック食材店で見つけて買いました。傷というか色がついているところがおかしくならないか心配でしたが、全然平気でした。黄色くなっていい匂いがしてきたら漬け頃!

 

IMG_0411

野村紘子先生の名著「消えないレセピ」の「簡単梅干しの袋漬け」の方式で。塩をしてジッパー付きポリ袋に入れます。裏表を返すことを忘れず……

 

IMG_6471

しばらくすると梅酢があがってきます。1週間ぐらいかな。

ところが、あわせる紫蘇の下ごしらえがもう思い出すだけで震えるほど大変だったのです。Kate & Co. の編み手チームの1人が減塩梅干しをお酢で上手につけていて、「紫蘇は面倒だから山形の農家さんが漬けたのを買っている、絶対そうしたほうがいい」と言われて、そうしようと思っていたものの、うまく見つからず、しかしあちらは10キロとか漬けるけどこっちは1キロだから大丈夫だな、と甘く見てスタート。しかし、洗っては拭く、水滴をよく取る、というのが本当に、永遠とも思えるほど時間がかかり……。ひと晩潰してしまいました。もう絶対やらない!!! 白い梅干しにしたっていい!! でも買います赤紫蘇漬け、次からは。買えばいいんだ。

IMG_5173IMG_5176

ちゃんとかわいく染まりました。満足!!!

青い器が大嶺實清先生の大嶺工房作なので、豊永盛人さんの琉球張り子・おにぎりスズメを添えて。「玩具ロードワークス」で買いました。控えめに言って最の高。こちらにいろいろ写真が。http://toy-roadworks.com/

このような苦労をしてつくった梅漬けは、大変おいしくなりましたが、この後友人のお母さんからドサッと梅干しをいただいたため今年は作らないことにしました。ジュースとらっきょうだけにした。この話はまた記事を改めて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中