映画はつづくよ

ちょっと前のある時期、続けざまに映画を何本も観た週がありました。インプットが足りない!!!という思いが高まったのと、劇場公開時期を見逃していたと思っていたのにまだやってた間に合うぞ!と気づいたのとが理由です。

ダンケルクは本当に素晴らしかった。戦争ものの難しさや、どこを切り取るかで表情が変わるという矛盾を含んではいましたが、よかったと思う。それと、ずーっと「敵」とだけ言うんです。ドイツって言わなかったはず。それもいいなあと。戦争について語るとき、映画のような大きな媒体を選んだとしても、こういう形でスピリットを表現できるんだなあと学びました。ワンダーウーマンはドイツ軍ドイツ軍言いまくっててな……

さて、ダンケルクとは比較対象にはならないタイプの映画なんですが、『ベイビー・ドライバー』観ましてね、これがもう、ほんと一生で何本かの指に入りそうな最高さでした。最高。最の高。予告編貼っちゃうぞ〜

 

 

本編は予告編の10倍すごいですよね。もう冒頭のタイトルコールまでの数分間で右足パンパンです。こっちも思わずブレーキ踏みっぱなしよ。それにヒロインがダウントンアビーのローズちゃん!! ハウスオブカードのケヴィン・スペイシーもいますので海外ドラマファンにもたまりませんね。ベイビー役のアンセル・エルゴートくんも大変よきでした。フレッシュ!! 人生に示唆があるような映画じゃなかったはずなのですが、映画館を出た後、街の空気の色が違って見えました。それほど高揚していたということなのでしょう。映画館で観るべき作品ナンバーワンというように思いますので、未見の方はぜひぜひぜひ。少し遠くの映画館でも足を伸ばしてほしいですが、お車でいらっしゃる方は帰りの運転お気をつけて! そして車酔いする方には安全な映画かどうかわかりませんが……

そして、ベイビードライバーも素晴らしかったのですが、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』もとーーーーってもよかったです。私、終盤のダンスシーンでガーガー泣いてしまった。

まだぎりぎりやってるところがあるので、もう一度観ようかなあ…… もともと踊る人の肉体を見ることができる映画が好きで、バレエものとかけっこう観るのですが、これは秀逸でした。セルゲイの人生も、ご家族の人生も、葛藤も、友情も、歓喜も、心に染みました。そしてもちろん、息をのむほどのセルゲイの美しさ、踊りの素晴らしさ。彼の繊細さには胸が詰まってしまった。なんか労働問題としても考えてしまいました。バレエのチケットは決して安くないのに、体を酷使しなければトップに居続けられないスーパースターの労働環境は過酷ですよね。もっと心身の健康やダンサー寿命に配慮してもスターに配分の多い仕組みになってほしいと思うのですが、浅はかな考えでしょうか。ともあれブルーレイ出たら絶対買いたいです。セルゲイ・ポルーニンは日本では12月公開の『オリエント急行殺人事件』にも出るんですって! ダンサー役にするんだったかな。何度観たかわからない、筋をわかりすぎているオリ急ですが、きっとこの作品ながらの驚くポイントもあるのでしょう。

そうそう、『パターソン』も観ました。静かな映画。なんですけどこれ観た映画館の座席が隣の震動をすんごく伝えてくるタイプのヤツで、そういうときに限って隣のお方が貧乏ゆすりを連発。いまどきあんな座席が狭いってさあ…… というか私、順番間違ったっていうか、『ベイビー・ドライバー』の後に観てしまったため、バスドライバーである主人公の日常をこわごわ見守るはめに……! そういうおそれなしにゆったりと味わうべき映画と思います。言葉が好きな方にはよいかなと。ただ本当に静かで、そして、アダムドライバー好きですか? 私そうでもない。彼らが住むお部屋かわいかったです。それからね、犬を外につないで中で飲食したりするのはいけません!!

このあと、しばらく先ですがまた編み物関連の映画があるようです。『YARN 人生を彩る糸』。アイスランドのクラフト系ドキュメンタリーだって。楽しみい!

編み棒持ってくと割引なんですって。ステキイ!! 絶対に持っていきましょう。Kate & Co. のかぎ針付きキットもいかがですか〜(宣伝)

なお、冒頭でちょっと触れた、評判すごくいいらしいと聞いて観た『ワンダーウーマン』ですが、女性のヒーローたちはたしかにものすごくかっこいいのですが(私はロビンライトを愛す)、私はそれほどはのめり込まなかったです。アメコミヒーローものには荒唐無稽のよさがあると思うのですが、現実の戦争と絡めるっていうのは難しいかなと……。それと、主演のガル・ガドットちゃんはすんごいきれいなのですが、鑑賞後に以前彼女がSNSでイスラエル軍のガザ攻撃を支持する投稿をしていたという記事を読んでいろいろ萎えてしまった。それを知った後も単純に映画でのパフォーマンスのみを楽しめるかというと難しい。とかく人生は厳しいです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中