モデル考

今年の冬は本当に寒いですね。東京も雪降ってさむぅーい!と騒いでいたんですけど、こないだ宮城に行ったら肌を突き抜けるような激烈な寒さがあり、なまぬるかったなあ……と改めて思いました。東北は寒い。ほんと寒い。

なんだか今季はいろいろと時間がかかってしまい、忙しさの谷を抜けません。おととい久しぶりにカフェで編み物したんですよ、私物のね。もうどれぐらいぶりかわかんないぐらい久しぶりで、それってちょっとやばいかなって思いました。

 

Processed with VSCO with t1 preset

そのとき編んでたのはコレ。だいぶ育ちましたがまだモバイルでいける。ものすごく単純なので外で編むのにぴったりだし、今回みたいに1ヶ月ぶりか?みたいなものすごい久しぶりに編んでも全然問題なし。編みながら頭をからっぽにするにもいいです。しかしけっこう大きくなりそうである。いまさら気づいたけど修行系か。ラップアンドターンの練習にすごくよいですね、こんなに練習しなくてももう覚えたよっていうほどやりますんで。編み図の目数がおかしいなと思ったら訂正出てました。そのまま編み続けても正解を編んでたと思う感じの間違いでしたけどね。

さて、しばらく前に1枚の写真が注目を集めました。

 

Laine っていう編み物系のステキ雑誌から1枚の写真がSNSに登場したところ、なぜか大騒ぎに。姿勢が悪いとか、不機嫌そうな表情が問題だとか、体型がどうとかいうコメントが、写真にまったく関係のないこのセーターのデザイナーのアカウントにまで書き込まれました。

私は大騒ぎになるまで普通に見ていて、 Laine らしい渋いかっこよさだなというのと、後ろの景色とセーターと髪の動きや光を受ける感じが合ってて素敵な写真だなということを思っただけだったので、えっあの写真にわざわざそんな文句言ってくる暇な人がいるのか、と驚きました。馬鹿馬鹿しいネガティブコメントを批判する人たちの意見を見ると、男性モデルだと全然笑っていなくてもなんの文句も出ないのに、女性だとニッコリしてないといけないわけ?っていうのがあって、確かにな……と深く頷かざるを得ませんでした。だいたいみんなそんなパーフェクトな姿勢でパーフェクトな体型でいつもニコニコしてるんですかね? そもそも自分に編むセーターでしょう? 調子がいまいちでもピシッと座れなくても、セーターは輝くようにかっこいいってわかる写真だからいいじゃないですかねえ。

 

Brooklyn Tweed で不機嫌そうな男性モデルの写真探してみました。コメントは「このハンサムなモデルは誰!?」とかばっかり。それはいいけどさ。写真としては上の女性が着ているヒュッゲセーターの写真のほうが80倍ぐらいいいと思う。セーターはどっちも素敵ですが。男の外見を褒めて女の外見をけなすのは女かよと思うと気が滅入りますね。

 

余談ですが BT ではこのモデルさんが大好き。かっこいいし、服が映える体型が素敵すぎる。そしてこのマフラー編みたい。色がツボです。

 

 

応援する意味でも Laine のこの号を買ったんですけど、まあとにかく素敵。雰囲気があって、明るすぎなくて。かっこいい。そして広告に出てくる毛糸がすんばらしい。北欧の糸たちがたくさんあるようですが、日本に入ってないよなあ。いいなあああああ。

ひるがえって Kate & Co. のモデル着用写真をどのように撮っているのかということを少しお話ししておきますと、もうこれは私というヘボカメラマンが全部撮りますので、写真の腕と機材の質にものすごく限界があるということに尽きます。撮ってみないとどんなになるかわかんないし、とりあえずバッシャバシャいっぱい撮ります。モデルさんは第一に、それに付き合ってくださる心優しい方にお願いしています。「あっごめんもっかい反対向いてくれる?」「なんかうまく撮れないなー、ちょっと窓開けてみていい?」とか、めちゃくちゃなことを言われるのに耐えていただかないといけないので、必然的にお友達に頼みます。気兼ねしないでお願いできる方々に甘えるのです。

 

baginthepark

一番最初に頼んだのはゆきでした。上の「つなぐバッグ」と、その前に私がつくっているピアスの写真を撮らせてもらいました。のですが極寒の日で、キャッチをはめる手がかじかんでうまく取り替えられないなどのトラブルがあって大変でした。あの頃はまだ Kate & Co. という名前も思いついていなかったなあ…… ゆきとふたりであれこれアイディアを出しながら撮影していた気がする。

 

IMG_3256

一番若いのは当時0歳の方。最高か!!

 

aoikan_2

終始ご機嫌でうれしかったなあ。あおいちゃんも、カメラが向いても自然さがまったく失われない素晴らしいモデルの才能。さすが。最近公私ともに(?)全面的にあおいちゃんにお世話になっている私であります。そしてこれからもお世話になりたい!!

 

greysoxwallforpostcardwhipcowl_c3

のりちゃんはピラティスで鍛えた姿勢とポーズでたくさんの素晴らしいショットを提案してくれました。のりちゃんには笑顔になってもらうこともあれば、このように笑顔なしをお願いすることも。あったかそう、って思ってもらいたい写真だと笑顔で、プレーンな雰囲気を出したいとき、ユニセックスのものなどは笑顔なし、みたいな雰囲気を考えていることが多いかもしれません。そしてのりちゃんはいつもネイルもかっこいいので写り込ませたりしています。

 

 

さとこは学生の時から指がきれいで、手タレ手タレとしょっちゅう呼んでいたので、本当に手タレをしてもらえてなんだか感無量でしたね。この日もすんごい暑いのに公園で黒い布敷いていろんなものをつまんでもらいました。ドリトスとかキスチョコとかね。過酷な撮影!! (撮影後にスタッフがおいしくいただきました)

 

whipnavy_yoko2

念願の男性モデルも。ふふふイケテルだろう。お仕事のお昼休みに出てきてもらって、こちらも過酷撮影となるめっちゃあったかい日でした。公園だから大勢人がいるんですけど、「ちょっと右向いて、もっと右、腕組んで、笑って、笑わないで、はい次こっち巻いて」と大勢の人の前で注文をつけられて本当に大変だったはず。ありがとう……!!

 

verymerry_3

ベリーメリーカウルの商品カードは、ゆきとようちゃんの仲良しコンビのおかげで Kate & Co. 史上最強かわいい感じのカードになりました。ポーズはWinkを意識。

 

verymerry_4

モデル2人が仲が良すぎるので、記念写真みたいなはいチーズ感が出てしまうことが度々あり「あースナップになってますよ! モデルになって!」とか無茶を言いながら撮らせてもらいました。

 

verymerry_y

ようちゃんはバレリーナなのですが、学生のときにはそんなこと全然知らなくて、大人になって気づいたらバレエ教室を主宰していたのでびっくり!! 彼女のお教室の発表会も観に行ったことがありますが、すんばらしかった。ニコニコ踊るこどもたちも、緊張感を持って舞う大人たちもすごく素敵で感激しました。そして先生のバレエのかっこよさと言ったら!!! 終演後にキッズが帰ってくるのを待つ保護者さんたちの波にもまれていたとき、「素晴らしい先生にお習いしているのよね……」と頷き合うおかあさまたちに「そうそう! そうでしょう? ようちゃんすごいでしょう!?」と言いながら参加したくなるほど。

この長いカウルをどういうふうに撮ろうかと考えたときに、ようちゃんにベリーメリーカウルを首と足に同時に通してY字バランスしてもらったらカウルの長さがよくわかるんじゃないか、と思いつき、でもバレリーナってみんなY字バランスできるものなの??と悩み、もし「Y字バランスしてもらえる?」とか聞いて、私あんまできないのよーとか言わせちゃったら悪いなとか、踊りを観ている分にはどう考えてもY字バランスできそうなのにすごく考えてしまい、あおいちゃんやらゆきやらいろんな人にこっそり相談し、全員に「できるんじゃない?」と言われ、そうだよね頼んでみよう、とお願いしたら、もういとも簡単にスルッとY字に……! 間近で見ていたゆきと私は大感動だったのですが、このとき西日がひどくて、写真はうまく撮れず…… 背景や影のかかった服の部分などを激しく加工してなんとかこの画像になりました。今度チャンスがあったらスタジオでバレエの練習着でY字にカウル通してもらいたいと願っております。

というわけで、優しいお友達モデルたちに支えられて Kate & Co. の写真はできあがっている、ということをお伝えしたかったのでした。感謝ばかりです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中