秘蔵のステッチ、ワークショップへ

座りっぱなしは喫煙ぐらい体に悪いという説がありますけれども、私はたまに立って編んだり、バランスボールで跳ねながら編んだりして健康を目指しています。幼少期は歩行器で飛び跳ねていた狼藉者でした。私が第一子だった両親は、こどもとはこのような暴れまくるものかと思っていたそうですが、のちにそんなに激しい子は滅多にいないと知ることになります。

何が言いたいかと言いますと、運動が必要なタイプなのに運動不足でちょっとやばいよパトラッシュ…… 明日から走りたい。

3月となりましたが、来週などは関東はまた真冬の冷え込みだそうです。滋賀も寒さが残っていることでしょう、3月18-19日の日、月にかけて、また草庭マルシェにご招待いただき、かぎ針編みのワークショップでみなさまとお会いできることになりました。

初めてのご紹介となるのがアンクルウォーマーです。

IMG_4368IMG_4378IMG_4381

この短い、小さいサイズが、なかなかいい仕事をして肌寒さを吹き飛ばしてくれるのです。おうちでもお外でも使えます。私はショートブーツと丈が短めのパンツの間を埋めてくれるアイテムとして活躍させています。

IMG_7879

これは、海外のサイトでよくある moss stitch とか seed stitch とかいうタイプの編み目ですが、ちょっとアレンジしています。こういう雰囲気のステッチが好きで、いろいろと研究していたのですが、とにかくなかなか編み進まないのが難点。それをちょっと高さが出やすくなるように変更しました。

それでもわりと根気がいるタイプのプロジェクトです。同じことの繰り返しながらも集中力があったほうがいいような感じであります。とはいえアンクルウォーマーのサイズであれば、1時間半かからず片足を終えるのは難しくなさそうです。草庭マルシェさん、今回は魅力的なデリやボルシチなどのお店があるそうなので、おいしいお食事で上手にリフレッシュしながら取り組んでいただけたらスイスイと進むのではないかと思っています。草庭さんのお店も必ずチェックしないといけませんね、作家ものの素敵な器や中川木工芸の素晴らしいあれこれが全部欲しくなってしまいますけれども。

 

thumb_IMG_8213_1024

右の分厚い編み地になる太い毛糸は湿気を逃す機能が高く、すごく蒸れにくい素材なので、春先もまだまだイケます。それでも、もっと春っぽいのがいいわあ、という方には、ミニまきの糸でアンクルウォーマーをお作りいただくこともできます。右の分厚いものは基本的にソックスやタイツの上から履いていただくのがいいですが(少しチクチクします)、左の薄いものは素肌に直接もOKです。しかし見ていただければおわかりのとおり、かなり目が細くなりますので、編むのに根気はもっともっと必要です。初級者さんにはおすすめしにくいですが、難しい編み方とかではないので、そんなに編み物しないけど根気はあるわ!という方なら全然問題ありません。こちらは毛糸代の関係で +200円となってしまいますがご了承ください。また、毛糸の準備がありますので、事前にお問い合わせくださいませ。

今回、アンクルウォーマーだけでなくミニまきでも受け付けます。ミニまきの色と、アンクルウォーマー細い糸バージョンの色のご希望は8日正午までに教えてくださいませ。それ以降のお申し込みには、人気の色をなるべくたくさん揃えてお待ちできればと思っております。

ミニまきについてはまた別のポストで書きますが、とりいそぎ、詳細は草庭さんのブログをご覧ください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中