アイスランドの大地、フランスの香り、寒くてあたたかい湖西【ワークショップ 1 日目】

ワークショップにお越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。いつにも増して楽しい時間でした。卒業、春休みシーズンでお忙しいなかのお出まし、感謝、感謝です。

滋賀でワークショップがあるときはいつも、前日から関西入りします。当日の朝、新幹線が1時間止まるだけでも時間までに入ることは難しくなると思うので、念のため。とはいえ懐かしい京都に1泊して、お店を見たりお寺を訪ねたり、カフェや本屋さんでゆっくりしたり、久しぶりの人にお会いしたりと、したいことはたくさんあって、いつも時間が足りないくらいです。予報では16℃とか18℃とか言われていた土日ですが、それほど気温は上がらず、むしろ肌寒いぐらい。それでも、突然すごく咲いている桜があったりして、光に春の色が差しているのも感じることができました。

 

IMG_8391

翌日曜日、ワークショップ初日もぴかぴかのお天気。ただし寒い!! 湖西はぐっと冷えますね。この蓬莱駅からの見晴らしが大好きで、毎回写真を撮ってしまいます。山がかっこいい。

 

IMG_8396

そしてこんなに素敵な草庭さんのお店で、今回のワークショップは行われました。窓からの景色が明るすぎて iPhone ではうまく撮れない、でも見せびらかしたいこのかっこよさ……! ここは特等席ですね。

 

IMG_8407

うつわや木工の美しい品々が並ぶ店内。奥に見えるのは中川木工芸の花活けです。かっこいい。それから机の模様が美しすぎます。豪華……!!

 

IMG_8409

編み物度の高い雰囲気を醸成するために、北欧のおしゃれ編み物 & ライフスタイル雑誌 “Laine” と編みかけの Neu! (Ravelry のページはこちら)を置いてみました。こんな素敵な場所で編んだら気分よくどんどん進みそう。しかしこのテーブルにも参加者さんが来てくださりとっととどけることになりました(ありがたし)。

 

IMG_8405.jpg

アンクルウォーマーの毛糸は、アイスランド産のウール100%。寒い地域で野山を元気に馳けめぐるひつじたちの体をあたためているものです。アイスランドでは、本当に寒い真冬だけ小屋に入れて暖を取らせるけれども、ほかの季節は完全放牧なんだそうで、つまり勝手に山に登り、丘を走って草を食んでいるのだとか。そのような育ち方と、伝統的な毛糸の作り方をしていることもあり、牧草まみれのひつじちゃんで作ったこの毛糸には藁がけっこうな頻度で登場します。なので、取り除きながら編んでくださいね、というご説明をしながらのワークショップのスタートでした。いいことなんですよ、ひつじが野山を駆けている証しだから。ごみの一切ない毛糸を手軽に作るために、狭い小屋の、一歩も動けないような房に押し込めて、日に当たらずに一生を終える羊もいるのだと聞いたことがあります。動物保護団体の猛抗議を受けているのですが、早くそういう飼い方がなくなってほしいですね。

さて、朝一番にはカオルカフェの店長であるところの中川家末っ子、カオチンがおいしいコーヒーを淹れてきてくれました。「ママがね、さいしょにナンシーのところに持ってってって!」と言ってくれるではないですか! ありがとうありがとう、100円は破格のおいしさとかわいさです。コーヒー大好き。押し売り大歓迎です。しかしこの後、YouTube で曲を聞かされ「なんの曲でしょうか!」はまだいいとして、「いいねは何個でしょうか!」「反対意見は何個でしょうか!(イイネの反対向きの指のヤツ)」という地獄のクイズが始まって難儀しました。曲当てすら、最近の小学校の卒業式で歌うヤツとかで世代的にちんぷんかんぷんになり……。しかしマルシェのお客さまが増え、ランチの席からコーヒーにお呼びがかかって、回答者はお役御免となったのでした。ホッ。

 

IMG_8413

私もマルシェでお昼を調達❤︎ 膳所駅近くにあった Open Sesame Deli Cafe さん、現在は滋賀県内のイベント出展でそのおいしいおかずやスイーツ、本場ロシア仕込みのボルシチなどなどをいまも提供されていて、今回私もご相伴にあずかることができました。大人気でちびっこたちによるボルシチおかわりが相次ぎ、私が最後のひと皿を……! 野菜がフレッシュでシャキシャキしてすっごくおいしかったです。ほかにも、ブロッコリーとショートパスタのサラダや豆乳のグラタンなどなど、魅力的なものばかり。ボルシチは本場でもああいうふうに野菜の歯ごたえを残して仕上げるのかなどいろいろうかがいたかったのですが、Open Sesame のキヨさんとスタッフの方も編み物ワークショップにも参加してくださり、そして初めてだとおっしゃいながらすぐにコツをつかんですいすい進んでいらして、このアンクルウォーマーの編み目がひと目おきに違うステッチを使うものなので、話しかけられると間違える!ということで、遠慮しているうちに聞きそびれてしまいました。キッシュもおいしかったー! キッシュという食べ物がほかの大抵の食べ物よりずっと好きです。

いままでにかぎ針編みをしたことがないという方が、作品を見て「わー、これ編んでみたい!」「編み物してみたかった!」とおっしゃってくださるのも本当にうれしいし、そうして初めて挑戦してくださった方が、あるとき「ちょっとコツがわかってきた!」とおっしゃって、そこからスムーズに進むようになる場面に立ち会えると、本当に感激します。右利きの人なら左手の、糸をかけてある指の位置とテンションが大きな鍵になるんですよね。ひとつでも「!」というような気づきの体験を多くしていただけたら、その後の編み物ライフがきっと豊かになると思っていて、そのお手伝いができたらなあと、いつもワークショップでは思っています。

そして、マルシェではご存じ中川木工芸のワークショップも開催されているのですが、カトラリーのほか、なんとあの美しい桶を自分で作れるワークショップというすごいものもあり、もちろん 1 回では完成せず、2 – 3 回で仕上げられる方が多いのかな、それでもみなさんちゃんと桶になるみたいです。なんという素晴らしい機会!! 近くなら絶対通うのに……!! 経験がなくても楽しめるそうなのですが、やはり得難い機会なので、DIY の木工名人さんのほか、海外のアーティストさんたちまで参加されているのです。今回はフランスから国のプログラムで来日中のアーティスト、ヨアンさんがいらして、ものすごく美しい木の大きな匙を作っていらっしゃいました。彼はご家族で来日中だったのですが、パートナーのクレマンスさんがかぎ針編みのワークショップをしている私たちを見つけてくださり、「棒針は子どもが小さい時に服を編んだことがあるけれど、かぎ針はやったことがなくて、でもやってみたい!」とおっしゃってくださり、Kate & Co. のワークショップに突然フランスの香りがただようことになりました。

あまり十分な時間が残っていないタイミングだったのですが、かっこよく編み進めてくださいました。木工ワークショップが終わって見に来てくれたユアンさんに、「これはあなたのおばあさんが、私に編み方を教えたいってずっと願っていたのに叶わなかったことなのよ」と話すクレマンスさん。聞けば、ユアンさんはフィンランド系のおうちのご出身で、おばあさまもおじいさまも上手に編み物をなさったのだとか。おばあさまはかぎ針編みのレッグウォーマーを家族全員の分編んでプレゼントしてくださり、いつかあなたに編み方を教えたい、とずっと言ってくださっていたそうです。今回のアンクルウォーマーを長く伸ばせばレッグウォーマーにもなるし、ご家族みなさんの分も編めますね!と話して盛り上がりました。

さらに、私には友人たちの間では有名なフランス語ギャグというのがあって、フランス語でろくに数も数えられない実力ながら、”Elle est stagiaire à l’hôtel Concorde La Fayette à Paris” というセンテンスをすらすらと早口でしゃべる、というものなのですが(『彼女はパリのコンコルド・ラ=ファイエットホテルの研修生です』という内容)、クレマンスさんを相手にそれを初めてフランス人にぶつけてみたところバッチリ通じ、「えっそういうをお仕事あなたがしていたんですか?」と聞かれ、フランス語のテキストの最初の方に出てきた文章だから覚えているだけなんです、と言ったら、「外国語の教科書の例文ってどうしてどの国でもクレイジーなのかなあ、私が覚えている唯一のドイツ語はね、宇宙ロケットの離陸のスピードが……っていう……」と教えてくれて、どこの国でもみんな使えない文章を覚えているものなのだな、と再確認。ふと思いつき、「コンコルド・ラ=ファイエットホテルっていまもまだパリにありますか?」とクレマンスさんに聞いたところ、「建物は現存しているけれど、名前は変わってしまったの」とのこと。私が覚えてるのは名前だけだから、やっぱりあの文章使いようがないね、と頷きあう私たち。そして私がほかに覚えているのは “Taxi!” “Vite! Vite!” とかだ、と伝えると、「なんだか007とか Fast Furious (邦題『ワイルドスピード』)みたいな教科書!」と。それにタクシー乗っていきなりVite! とかいうのもちょっと失礼ですよね。

そんなこんなで楽しくおしゃべりもでき、楽しい初日でした。感謝感謝。長くなったので2日目は別のポストで。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中