ホビーショー覚え書き

こんにちは。To Do メモに “31出” と書いてあり、なんだ?? 31日にどこかに出るの? 出すの?? としばし考えたのですが、「引出」と書いたんだった、と思い出しました。字が汚いのか、脳が弱ってるのか…… とりあえず壊れた引き出しのハンドルは付け直しました。

そんなボロボロ具合ですがホビーショーがありましたので東京ビッグサイトまで行ってまいりました。やはりどうしてもいかないといけません。大きいイベントだから人も多くて大変さはあるのですが、行けば必ず、行ってよかったと思うのです。面白いです。でもやっぱり大変なので、数年通った経験をここに記しておこうと思いました。今年の分も含め。

まず、とにかく広くて楽しくて歩き回るので、靴は重要です。昔ブースに立っていた時にヒールの高いブーツを履いていたら腰を痛めてしまったことがあります。コンバースのスニーカーでも足の裏が痛くなるので、おしゃれ用ではダメだと悟り、今年はジムで走ってるジョギングシューズにしました。為念、外用の靴で走れるジムです。これが大成功。まあいっぱい歩いている最中にまったく痛くないということはないのですが、バタンキューで寝てなんのケアもしなかったのに次の日には全然疲れが残らなかったです。ただしホビーショー後の夜ごはんにバー●ヤンに行ったら前の人がこぼした麺が机の下に隠れていて踏んでしまった! ジムの靴で!!(拭きました) くっそー、こぼしたら自分で片付けなさいよ!!

まあそれはともかく、会場は暑くも寒くもないと思うので、服は動きやすければ適当でよいかと思います。あちこちでぶつかるぐらい大勢の人がいるので、毛玉になりやすいデリケートな服などはおすすめできませんね。大量購入が予期される方は大きなバッグでご来場ください。私はその大バッグの中にエコバッグを何枚か入れておき、お店ではなるべく袋をもらわずに、このエコバッグには毛糸、こっちはペンとか細かい雑貨、と分けてザラザラと入れておきます。エコもそうなんですけどとにかくかさばっちゃうので。マラブリゴの紙袋がもし欲しくても、それはたたんで大バッグにしまっておくのが荷物のスリム化の鍵です。どうしても入らなくなったらエコバッグやマラブリゴの紙袋を出して反対の手で持てばいいからね!! それから魅力的な商品のチラシなどがたくさんありますし、キットを買ったら編み図もあるだろう……? マラブリゴなんかいくつもくださいますからね、そういう紙ものを挟むクリアファイルがあるといいですね。

次に、チケットと時間のこと。私はビジネス入場券を頂戴できるので10時に入る権利があるのですが、とはいえ10時入場を目指すと長蛇の列に並ばざるを得ません。1時間じゃきかない。2時間かな。10時に行って入れるのが11時過ぎぐらいだと思う。10時に入ろうとしたらアナタ……どんだけ早く行かないといけないの?っていう感じです。チケットを入館証に引き換える列が長いのです。

絶対にオープンと同時に入りたい!という気合がある場合は、スペシャルチケットを購入すべきです。会期の1カ月前ぐらい前に締め切られるんだったかな、2カ月前とかかもしれない、5000枚を限度に発行されますが、これはいきなり入館証なので引き換えは必要ないのです。普通の前売りより300円高いですが当日券と同じ額の1500円、送料も2枚までは200円かかりますが、並ぶより全然いいでしょう。予定が立つ方は絶対こちらをオススメです。この券を持っていれば10時までにシャッター前に行けばすぐに入れます。詳しくはホビーショーのウェブサイトに毎年事前にアップされますのでご確認をば。

私のように予定が前もってわからず、スペシャルチケットは買いにくいなっていう方はですね、おすすめはこうです、まず、11時に日比谷マツモトロー東京ビッグサイト店に行きます。松本楼ね。ほかのお店でもいいけど、私は松本楼にしました。国際展示場駅からビッグサイトまでは人も多いしそれなりに距離もあるので、15分は見ておかないとなりません。11時開店を待って並ぶ勢いですが、2日めだとほかにほとんど人はいませんでした。ここでオムレツライスやハンバーグとコロッケの定食など召し上がれ。開店直後だとコーヒーも落としたてですから最高ですね。しかし飲みすぎるとトイレ注意ですから気をつけてね。ちなみにこのマツモトローとかスタバのあるフロアのトイレ、大変きれいですから食後はどうぞお寄りください。

11時からお昼ごはんを食べたあとに向かうと、2日目ならもうほとんど待たずに入れます。入館証との引き換えをしたらすぐに中へゴーできます。お友達といらっしゃる場合は、一緒に見たいものを攻めた後は基本別々に動いた方が、じっくり見るにもやすみやすみ見るにもよさそうです。とにかく広くていろいろあるからね! 毛糸がメインのお買い物という場合のおすすめはですね、まずはマラブリゴの争奪戦に参加。とにかくこんなに見られる機会はないですし、安い!! ワゴンにあるレースや、棚のメチータ、リオス、アロヨなどなどをチェックし購入しましょう。カード使えます。いまは外国のお客様が多いので、個人のところ以外は大概使えますね。そしておそらく同じセクションにあるチューリップに Go。マデリントッシュを見ます。去年までは割高な印象だったのですが今年は TML が3100円とおそらく国内通常価格の最安値になっていました。ぜひ吟味してかわいいやつを買いましょう。お買い物すると、チューリップさんはエコバッグやカタログや針をくださいますよ。それからメルスリーエフでワゴンをチェック。ものすごい掘り出し物があります。カシミアででかいコーンで7000円とか(去年買った❤︎)。エフさんはキットになる編み図を編んだサンプルが展示されていて、多分試着もできるかと。なのでそのあたりは事前にオンラインショップでチェックしておき、当日はたーくさんのきれいな色の中から色の最終チェックをしたり、サンプルを体にあてたりしつつ選ぶとよいですね。

あとはもちろん内藤商事さんでキットなどお買い上げください。色のめっちゃかわいいナイフメーラも揃っているので、編み地も玉もじっくり見られるチャンスです。新作毛糸も見逃せないね! ケストラーさんにもかなりの確率で会えます。編んでるもの見せてもらってください、素晴らしいから! ワークショップもいろいろなさっていて、今年は編み機のワークショップがありました。私も今年は編み機をがんばるのだ! ほかに毛糸系では、玄人筋に人気なのが糸の清水さん。たぶん入り口から反対の、奥の方にブースが出ています。カシミアとかシルクとかの高級糸もお買い得です。私はもうシルクは買わないんだけど。

ワークショップもいろいろとあるので興味のある方は調べてみてくださいね。ただし午前中に開催されるものについては、スペシャルチケットがない場合は相当注意しないと間に合わないかもです。

 

IMG_8906

ステージもいろいろあります。今年は(も?)ケストラーさんも登壇。この新虎通りのヤーンアートみたいなのを見に行きたいと思って写真を撮ったのですが(まだやっているのかは知らない)、奥のステージにいるのはバッドボーイズ佐田氏率いるリノベーション集団「佐田工務店」さんたちで、スクリーンにガリットチュウ福島氏の船越英一郎が映っております。マツイ棒まで取り出したのに全然ウケず、あくまで DIY の話が聞きたいお客さんたち……

 

実は編み物以外もいつもとっても楽しみにしています。全然知らない便利なものがたくさんあるのです。有能なのりとか、はさみとか、ワイヤーとか。ほつれどめ用ののり、ホツレーヌもホビーショーで出会いました。ベリー便利ー。めっちゃかわいい布とかアクセサリー用小物とかも山盛りです。はりきって見ます。今年は布用ペンをいろいろ買いました。Kate & Co. でトートバッグ出したいのですが独自性を見せたくていろいろ頭をひねっているのです。うまく行くといいな。今年の特徴で言えば、みんな造花をびんにつめて油を入れてた。あちこちでワークショップやってました。みんなそんなにどこでもアレ作りたいという勢いの流行りなんですかね……!?

今年はどうしても初日に用事があって、2日めの参戦になったため、あんまり毛糸を買わなかったょ……

 

IMG_8923

えっ十分買ってるって?? まあそう言うな、そんなことないんだよこの量では。右下のマラブリゴ mechita はギフトに。左下の lace は自分に。バナナリーフショールにしようかと! うふ! ラベリーのこれね(有料パターンです)!

上のきゃわゆい糸は “tiny…” という北海道の作家さんの糸でした。紡ぎも染めもなさるんですって。それをアヴリルのラメ糸などとあわせてて、すごく好みでした。アクセサリーにするんだあー。

 

IMG_8924

こらえきれず買ってしまったものたちと、お仕事のものと。左上は、Cotton & Steel が出ていたのでハンカチを1枚。このデザイナーさんの紙ものをハワイでドカ買いしたことがあります。右上はチューリップさんの新作で、10mmのかぎ針。編みやすそうなのでチェックしてみます。いぬのあみぐるみの本を出したとき、腱鞘炎になりそうだったところをチューリップさんのエティモ柄付きかぎ針に救われたと感じているので、エティモシリーズを盲信しているのです。持ち手もいいんですが、針の角度というかなんというかが抜きやすくてスムーズに編めるんですよね。さすが広島針の老舗。そして、下のかわいすぎる布は maffon さんというリバーシブルジャガードニットのお店で発見。あらがいがたい……!! 裏は色が反対になるんです。そっちもカワイイ。なんにしようかなああーーーうまくできなかったらあおいちゃんとこに駆け込もう……!! maffon さんは普段はオンラインショップで展開していらっしゃるそうです。チェキラ!! https://maffon.com/

そんな感じですかね。あと、簡単に休憩したいときには、会場外、入り口を正面から見て左側のドンつきまで進むと、自販機とベンチのあるエリアがあってゆったり座れます。ホビーショーは食べるコーナーもあることが多いのですが、会場内で座って食べるのは難易度高いんじゃないかなと。混んでますからとにかく。なので外のベンチです。休憩しながら、楽しい時間をお過ごしくださいね!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中