赤い果実とチート感

今年も山形から佐藤錦を取り寄せました。年に一度の贅沢。信じられないほどおいしい……!! 今野農園さんありがとうございます。次は洋梨の時期だな。仙台の伊達美味マーケットというマルシェ的イベントで、洋梨と「あいかの香り」というりんごに出会い、おいしさにやみつきになりました。洋梨は箱でゲットして生で食べきれない分をジャムにしたのですが、自分史上最高においしいジャムになったのでみなさんもぜひなさったらよいかと思いますです。

 

IMG_9744

震えるほどおいしいパンに私が夢中になっているレ・グルマンディーズさんのパート・ド・フリュイ。私はすべてのお菓子の中でもしかしたらパート・ド・フリュイが一番好きかもしれない。グルマンディーズさんにあるなんて!!! 大感激。見てこの美しさ……!! 甘さと酸味が両方きっぱりあってすごく美味です。生のフルーツからつくっておられるそうで、なるほどのフルーツ感がムギュッと詰まった贅沢なお菓子。これが100円とは……!!!!! 永遠に食べ続けられる最高のおいしさでした。ありがとうございました!!

 

IMG_9386

パンにも相変わらず夢中。モッチ、カリッ、フワーン。グラスフェッドバターのおいしさを知ってから、パンに塗るのはこればかりになってしまった。まあパンを食べるのはたまの贅沢ですから……!(自宅では基本和食派)

 

IMG_9696

クリミナル・マインドのチートキャラ、技術分析官のペネロピ。ペネロぺとかペネロープとか局によって表記がいろいろですけどドラマの中でみんな最後ピで言い終わっているのになぜ変えるのか。エニウェイ彼女はPCの前ですべてを解き明かしてしまうのです。そんなことまで調べようがないだろ!!とツッコミつつもペネロピのキャラが素敵なので許してしまう。しかも編み物までしてるんだから何の文句があろうか。この「囲碁も」というセリフは、ペネロピに次ぐNo.2 チートキャラというべきスペンサー・リードとなんのゲームで対戦するとむかつくかという話でのひと言。リードはIQ187という大変な天才なので知的ゲームは全部勝ってしまいます。

捜査モノの海外ドラマそれぞれにチートキャラ的な設定はあって、そうじゃなければスムーズに1時間で話が進まないわけですからしょうがないんですけど、たとえば『NCIS』には科学分析官のアビーちゃんがいて、こちらもすごいいろんなこと解明しますがまあペネロピのほうが解明しすぎ。『NCIS: LA』だと、キャラとしてそれほどな人はいないのですが、敵の弾は当たらず捜査官サイドのカレンやサムの弾はめっちゃ当たるっていうチート設定があります。それでもペネロピよりはましかな。でもペネロピよりもひどいのが、前にも何度も書いていますが、人の心が読めるジョコビッチ似の捜査官、『リスナー』のトビー。心が読めたらもうほとんど終わりだよね……!?

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中