If I Want Exposure

見てくださいこのきれいな糸……!

 

しかしちょっと待って、この買い物は世界的ムーブメントの一環といえるので「また糸買ったんですか?」とか言ってくる人はやめてください、むしろ賞賛しましょう。ことの始まりはイギリス・マンチェスターのLYS (= Local yarn store, チェーン店や巨大手芸店などではない、地元の毛糸屋さん)である Countess Ablaze のオーナーが受け取ったメールでした。彼女にとって聞いたこともなかった地元の会社が「コラボしたい」と申し出てきて曰く、かぎ針編みのイベントを開催するにあたり、800ポンド分の毛糸の提供と、それに加えて講師役を引き受けてほしい、と。見返りは「あなたにとっていい exposure (=露出)になる」こと、つまりタダだと。さらに続けて、「客層は中年女性で、女友達を連れて参加するようなタイプ。Shit Tea and Tray Bake (= 適当なお茶と簡単なケーキ、をもっと悪く言った感じ。リアル粗茶と粗菓か?)でも出しておけば、お金をかけずに利益の大きいイベントができる」と。といいつつ、このイベントはチャリティーなんだとか。チャリティー……!?

頭に来た彼女は「くたばりやがれ、露出が欲しいなら自分で tits (= 胴体の中心あたりにある2つのぽちっとしたヤツ)でも出すわ」と一蹴し、しかし怒るだけでなく、この感情をなにかよいことに昇華させると決めました。インディーダイヤーでもある彼女は、露出のためにタダ働きさせようという魂胆と、ミソジニー的な対応とに激怒した経緯から、”If I Want Exposure, I’ll Get My Tits Out” と “Shit Tea and Tray Bake” という2つの色味の毛糸を染め、1カセにつき3ポンドをWomen’s Aid という団体に寄付すると決めて受注販売を始めました。オーダーは殺到し、彼女は2週間で1000カセ以上も染めることになったとか。

そこで彼女はほかのインディーダイヤーに呼びかけます。”If I Want Exposure, I’ll Get My Tits Out” という色味でそれぞれのダイヤーが独自の色を発売し、1カセの売上のうち3ポンドを任意のチャリティー団体に寄付するというルールでこの活動への参加を促したのです。そしてデザイナーや、編み物用具をつくっている人たちにも似た方式で道を拓きました。なのでこの頃、編み物のSNSでは #titsoutcollective というハッシュタグがあちこちで踊るようになっていました。最初見たときには tits の文字に少し驚いたのですが(編み物と無関係そうに思えたので)、Countess のブログを読むともう nothing but 同調、怒りに震えるばかり。小さなお店や個人で活動するアーティストが、露出や宣伝のためだからとタダで仕事をさせられるという大きな悩みも、決して遠い海の向こうばかりで起こっている話ではありませんし、「友達連れの中年女は安い紅茶で満足するだろ」という女性嫌悪との遭遇も、残念ながら私もそういうことが起こらずに生きてこられたという人生というわけではありません。

そう思って同じ気持ちでプリプリ憤っていたら、Rusty Ferret さんの #titsoutcollective でこんなに素敵な糸を見つけたのだ、買わずにいられますか!?!?

IMG_0849

Rusty Ferret のレオナさんは Insights Counseling という団体に寄付するそうで、先日のインスタでは1055ポンドの寄付を完了したと書いてありました。計算すれば私の分は合計たった15ポンドで、現実的にはレオナさんが自分の取り分を削って提供したものだと思っていますが、カウンセリングでレオナさん含む多くの人を救っている団体への寄付にほんの少しでも関われたと思えるのはうれしい経験でした。ゼロより15ポンドのほうがずっといいですよね。

 

IMG_0851

私はグレーに赤っぽいのが混ざっているのが自分に似合うのではないかと思っているのです。めっちゃ好き。カセ差がけっこうある感じなので、どうしようかな、交互編みというよりは fade みたいにしようかなと。セーターかカーデにするつもりで5カセ頼みましたが、もちろんショールにしてもいいしね。うふー悩んじゃうぞ。ここはたしか60ポンドぐらいで日本への送料が無料になるので、とってもお得ではないでしょうか。ウェブサイトの写真と実物の色の差異は少し感じましたね。でも手染め糸って特に多かれ少なかれそういうところがあると思います。カセのどっち側が見えているかによって雰囲気が違って見えるし。一期一会と思って楽しみたいですね。

Rusty Ferret のサイトはこちらです。https://rustyferretyarn.co.uk/

ムーブメントのきっかけとなった Countess Ablaze のサイトはこちら。ブログに経緯の詳しい説明があります。 https://www.countessablaze.com/

 

IMG_0852

うーかわいい。自分でも染めたいぞ!!!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中