発言しないこと、行動しないこと

寒いですね。

このコートはリアルファーではなく、100%ポリエステルです。何年も着込んでいるのでだいぶふわふわ感が薄らいでしまった。私は動物が死なないと手に入らない素材を使った洋服や服飾雑貨、手芸材料は使いません。命をもらってまで装いたい、おしゃれしたいと思わないし、毛皮がなくては過ごせないほど寒いところに住んでもいないからです。ここ10年ぐらいはレザーのバッグはもちろん靴も買っていません。履きやすくてかっこいい合皮の靴がずいぶん増え、そして何年も履けています。ベルトはすぐダメになるのでマクラメで編もうと思っているところです。食事については、肉をずいぶん減らしたこともありましたが、私の場合、もともと肌弱なのですが肉を摂らない時期はかなり皮膚のコンディションが悪くなったため、生きるクオリティーに必要だと考えて食べています。でも考え続けています。将来的には食べなくなるだろうなあとも感じます。念のため付記しますが、日本で食用牛の皮を加工した皮革製品が普通に手に入ることはまずありません。全体の利用を考えて素材を選び、意欲的に展開している方の特別な作品を、一般的な同様の商品より高額の対価を払わないと購入できないはずです。ですのでほとんどのレザージャケットの牛の肉は食肉にはなっていない、ということが言えます。そういう意味でも罪深いと感じています。フカヒレのフィニングに近いかもしれませんね。

これはまあそれぞれの考え方で、化学的に生成した素材には特有の問題もあり、広い視野で考えたらどちらがいいとは簡単には言えないテーマだと思っています。私は私で好きにしているというだけ。でも、「ファーもレザーも使いません」と謳っているブランドがあれば好きになります。ステラマッカートニーももちろん大好き。エコファーのコートを纏い、合皮のハイヒールを履くことは、私の生きる上での表現のひとつです。

ここのところ、ニット業界のSNSで大きな話題になっているテーマがありました。それは、ニット界のレイシズム、もっと言えば White privilege, 白人特権について。少し過熱したかなあと感じる場面もありましたが、大切なテーマで、避けて通るべきではない問題でした。

きっかけは、Fringe Supply Co. という、ニッター用フィールドバッグなどのおしゃれ用具の取り扱いで有名なショップのオーナーが、インド旅行の計画についてしたためたブログでした(現在、当該記事は削除されたようです)。手紡ぎの糸を売っているオーストラリア在住の Sukrita さんというスピナーの方がこれを評し、「インドに行くのが怖いだなんてもう勘弁して、現在も残るインドの問題を作り出したのは西洋社会で、それを残し続けたのも西洋社会。彼女にとってインドが火星とか、人間は火星を植民地化するかもしれないとか…… 編み物の仲間たち、こういう人たちにどう責任を取らせるつもりですか? それとも白人主義の極みをただ讃え、評価し偶像視しつづけるの?」(意訳/雑訳)という趣旨のポストを IG で投稿しました。

 

View this post on Instagram

I don't know what Farina/00 flour/soft wheat flour is — my understanding is that it's used to make pasta. It's not so good for bread. It makes a ridiculous dough that never firms up/becomes easy to work with, especially if you put in as much water as I did. But I put it in a loaf tin and it's very tasty. 🤷🏻‍♀️ . I was going to post about the stupid, ignorant, ridiculous and offensive article Karen Templer wrote, then I was like nah let's focus on the bred. I guess I've decided against deciding against it. So here we go: this is not the first time a white person blogs about how scary it is to go to India. Can it please be the last? Let me be very clear: the problems of India have been created by the west and are being perpetuated by the west. It's like a kid making a mess in her brother's bedroom and complaining that he doesn't keep it clean enough for her to play there. Maybe you should have thought it through before you shat in there Karen. . "Butbutbut she didn't personally colonise India" — she would if she could, apparently. Everywhere that isn't the US gives her anxiety. India is Mars. Humans might colonise Mars, so… (Fill in the blanks and string them together.) . Knitting friends: are you gonna hold these people accountable or what? Or just keep praising/valuing/idolising peak whiteness?

A post shared by Sukrita (@su.krita) on

 

元々のブログ記事も読んだのですが、確かに思慮が浅すぎるなあという感想しかなかったです。インドって怖いよね、だって私は different だから、とか、前述の植民地の話も、外国の、しかも実際に植民地化されていた土地の話をしているときに、火星を植民地にするなら自分も買うとか、インドは私にとって火星とか同時に言ってたら(そしてこのへんの文章がわけがわからない、文章も下手くそかもしれませんね)、あなたにとってインドはあなたの植民地なの?と疑問を抱く人がたくさん出ても不思議ではありません。彼女のインスタは3万5千人以上のフォロワーがいますが、ニット業界の大物ともいえるひとりの姿勢として非常に嘆かわしいという批判は免れないでしょう。疑義を唱えるコメントへの返信も褒められたものではなく、自分のPOC(有色人種)だかインド人だかの友達は傷ついてないみたいなものもあった気がしますが、申し訳ないけど幼稚でしたね。

この話から派生して、ニット業界全体に、あなたは white privilege の問題についてどう思うのか、どう発言するのかという問いが駆け巡りました。カナダ在住のデザイナーで、Knitty の幹部としてテクニカルエディターを務めるケイト・アザリーさんは、「人種差別主義者ではないというだけでは不十分で、私たちは積極的に、大きく声を上げて、人種差別に反対しなければならないことを学びました」とコメントしましたが、現在社会の生きるものとしてあるべき姿だと同意しました。彼女自身は白人であるため、「私はこれからも勉強を続けます」という言葉もありました。

 

発言が遅れたことを批判された著名デザイナー(白人)もいました。家族と旅行に出ている最中で、なるべくデジタル断食をしている最中だったようですが、1日1パターンの宣伝投稿は続けていたので「それより先に発言すべきことがあるんじゃないの?」とずいぶん言われていました。すごく大きな問題になっているのを感じます。ご旅行中でほかのポストを読んでいなかったのは気の毒ですが、こちらもコメントに対する返信は適切とはいえないと感じるものもあり、モヤりましたね。指摘を受けてすぐ、「これからしっかり読んで、勉強する」と発言していました。

発言せずにいることが許されない時代になったとつくづく感じます。悪いことをしないだけではダメで、なにか問題が起きた時に、自分はどういう立場であると表明し、さらには実際に行動で示すことが求められているのだなあと。国際的には、っていうことですけれども。

ニット業界の問題提起に戻ると、すぐに反応できる人の多くは、この問題について普段からしっかりと考えている素地がある、知性があると感じさせられ、印象に残りました。私が世界で最も憧れる毛糸屋さん、La Bien Aimée のエメさんは、IG のストーリーで、自分がハーフコリアン、ハーフアメリカンであることから、自分がフィットする世界はどこなのかと悩み続けていたと吐露しています。でも、私はいまここにフィットしている、ラビアンエメは POC のデザイナーさんを応援するので、私たちと仕事をしたい人はぜひ連絡がほしい、と書いてありました。今一番素敵な編み物&ライフスタイル雑誌と思っている Laine は、「いままでの私たちは理解力が低く、考えが足りませんでした。多様性のある雑誌や IG のフィードをつくり出す努力が充分ではありませんでした。理解が足りないことは言い訳になりません、それは私たちの白人特権を示す兆候であり、私たちが克服しなければならないものです」とし、今後は POC デザイナーを応援すべく、パターンの選考方法を見直すとしています。「いままで発言せず、無知だったことを謝罪します」と結んでいました。どちらも尊敬します。

 

img_2611

エメさんのインスタストーリーはログインすると以下から見ることができます。 https://www.instagram.com/stories/highlights/17913259879272870/ 

 

View this post on Instagram

The last few days have been filled with an enormously important discussion about racism in the knitting community. We know that words are just words – but deeds, not words rate. We, as publishers of Laine, have been imperceptive and unthoughtful. We have not done enough to create a more diversified magazine or IG feed. Imperceptiveness is not an excuse: it is a symptom of our white priviledge that we are responsible for overcoming. We must be wiser, more thoughtful. We must educate ourselves and do everything in our power to make people of colour, particularly black and indigenous people of colour, more visible, more heard in our content. We are sorry for not being thoughtful enough in encouraging poc designers to send us submissions, but rest assured, we will. Issue 7 has just gone to print, and we can no longer access its content, but issue 8 will be a step towards better. We are already looking at our submissions process, who we feature as well as who we commission. We also want you to know that we are receptive to ways we can make this go deeper still. We are not asking you to educate us, that is our work to do. However, we do want you to know that we are listening, and we hear what has been said so far. And we are sorry for being silent and ignorant. #lainemagazine

A post shared by Laine Magazine (@laine_magazine) on

 

ダイバーシティーを実現している毛糸ブランドといえば、Brooklyn Tweed がまず思い浮かびます。年齢も人種もさまざまなモデルさんを採用し、デザイナーさんもいろいろな方が。ミシェル・ワンさんとか、BTからたくさん作品を発表されていますよね。

 

この私の夢のカーディガン、Snoqualmie Cardigan もミシェルさんの。

そして何度も言いますがBTではこのモデルさんが私は大好き。かっこいい……

 

それなのに日本では士農工商だのカーストだの言ってる人がいて本当に低レベル……

Kate & Co. は、デザイナーにもモデルにもギャラをお支払いしていないので本当の意味でのダイバーシティーへの参画が難しいのですが、なるべくいろいろな方々にモデルになっていただきたく、いま90歳代の方に出演のお願いをしているので、楽しみにしていてくださいね。

それと、前にここに書いたことがあったかなかったか忘れたのですが、Kate & Co. はなるべく編んだ人の受け取る制作費が多いように経費の設定をしていて、で、ものによっては、そして売り方によっては赤字になってしまうおそれがあるものがあるのです。それを、私が一部の制作を負担することで、その制作費部分を赤字解消→黒字化に充当できる、という仕組みにしています。東北に思いを寄せて Kate & Co. の商品を購入してくださる方々は、どの商品を買ってくださっても、それが誰が編んだものだとしても、東北に寄り添ってくださることになるシステムになっていると私は考えていますが、もしかしたら一部には「私は東北の人の編んだものを買いたい!」と強く思っている方もいらっしゃるかもしれず、とはいえこちらとしては事業の継続が大切ですし、私が編んだものも買っていただいてこそ東北の編みチームに提供するお仕事を増やせるともいえるので、そのご要望には必ずしも添えないのです。

 

badge_blackyellowsox.png

これは Kate & Co. のアイコン的にときどき使っているソックスの絵なのですが、昔はコレ、love と TOHOKU の間に in と入っていました。その頃は私も仙台に住んでいて、全部東北産と言える時期だったのです。でもいまは編みチームの中で私だけ東北を離れたので、必ずしも in TOHOKU ではないと思い、しかし私たちのスタート地点でもあり拠り所でもあるのが東北なので、文章の中を少し切るように、このような形にすることにしました。

そんなこんながあるのですが、なんとなく、私の編んだもので売れた数 x 一定額を寄付することを、数年前から始めました。これは私が個人でしていることなので Kate & Co. のサイトなどで報告するつもりはまったくないのですが(Kate & Co. の収益から出しているわけではないので)、そして寄付先も別に東北とは関係なく、自分が寄付したいと思った団体を自分で選んでいました。ここ2年は東京の犬猫 etc. の保護団体にしています。自分が足を運んで様子を見ることができる団体にしました。

去年の分はこれから集計するのですが、編み物業界でこの問題が取り上げられたので、日本でマイノリティーのために活動している団体に寄付しようかなあ。難民のためにがんばっておられる団体でもいいかもですね。ちょっと考えてみようと思います。

不正義の少ない、誰もが自分らしく活躍できる世の中になりますように。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中