休校と工作

少し前には想像もしなかったような日々が、それも世界規模で続いています。先を見通せないというのは本当に不安ですが、どうか少しでもお健やかに、少しでもお心が晴れることがありますように。ぜひ編み物もしてくださいね。

さて、ときどき登場する私のメイッコその1、のんさんは小2でして、イエース休校であります。学童は開催されているのですが(なんというありがたいことか、スタッフさま本当にお疲れさまです)、給食がなくなり、お弁当を準備する人が大変。ということで週1で実家に登場することになりました。世代が混じるのもあまりどうなのかということもありますが、わりとディスタンスは取れている(敵が小さいしね)のでより一層の手洗いうがいで対抗です。

初回は「むずかしい工作がしたい!」とのことでした。この工作というのは、SNSなどに出回った、休校中の小学生が楽しめる紙工作のサイトなどをオトウトに送りつけておいたのですが、「のんは楽しめそうだが俺ができなそうだ」などと言っていたので家でできなかったらしく、「むずかしくてもやってみたい!」と。

実家に到着後、まずはばーばにピアノを習います。「くるみ割り人形が弾きたい!」と突然言い出していたのですが、ばーばはバイエルとかブルグミューラーをさせたい。せめぎ合いです。くるみに挑戦するにはちょっと実力不足なのでお練習がんばってください。

次に私が誘って、Googleストリートビューを使い、アフリカの国立公園で動物を探すゲームをしました。1匹1点、群れは5点プラス、大型動物は10点プラス、などルールを作りましたが、のんの細い指では画面をぐるっと回すのが難しかったり、私が野生の勘でやたらに見つけてしまって大はしゃぎしてしまったりでのんがいまいち盛り上がらず。ごはんを食べてから、晴れて工作となりました。

参考にしたのはこちらのサイト。https://www.meg-snow.com/fun/make/craft/
いっぱい面白そうなのがあってありがたいんですけど、しかし簡単にできるかのように書いてあるものが多いんですが、実は説明にない部品がかなり難しいことも。たとえばのんさんはこちらの「ボールコースター」( https://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft111.html )を作りたいと言ったんですけど、「えっこれ作るには6Pチーズの箱がいるの!? 『使うもの』の中にないじゃん!」という感じ。だから一部の部品は省いて、勝手に好きな部品を足そう、ということになりました。のんは「かいだんを作りたい!」と言って延々と牛乳パックを折り続けていましたが、まだ全体の構成を考える力が弱いため、「そんなに階段長くしたらほかの部品入れられないよ!」などのやりとりがあり、私が主体的にダンボールの土台に貼り付けることに。するとのんさんはお絵描きに精を出し始め、ばーばに「あら? ナンシーの工作になってませんか?」と突っ込まれるなど……

しかし、合作の末、じゃじゃーん!

IMG_9127

できました。ばーばが「工作をするならこれもとっておくか……」とキープしておいたみかんの網がよい仕事しております。ばーばはさらに、なにかのロールの芯がカッターなどではとても切れない硬さだったため、ベランダでのこぎりで切ってくれました。ばーばすごい。のんも「ばーばそんなのもできるのー?」と目を見開いていました。羽根のついたくるくるは、のんに依頼して矢印を書き入れたんですが、なんと反対側に回しても大丈夫だった。矢印の意味よ……。網が救います。網大活躍。

 

IMG_9125

ちゃんと下までビー玉が落ちてきますよ。しかし階段からビー玉が飛び出さないように土台のダンボールを少し傾ける必要がありました。階段は本当は手すりがあったほうがいいですね。羽根の裏に飛び出ている部品もあるので、それを守るように壁などに傾けると階段対策にもなってよいです。

 

IMG_9131D

喜んで絵を描いています。かわいい絵だね!

しかしこんなでかいのを作りましたが、「持って帰る!」と譲らず、親たちに嫌がられないですかね…… そしてメイッコ2、保育園年中組のかんさんがうらやましがるのではないかと…… まあ仲良く遊んでくれい。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中