Socks And Boots

みなさま、お変わりなくお過ごしですか。大変な時代ですね。私は腰痛に加えて座骨神経痛まで発症してしまったんですけれども、そんなのどうでもいいというぐらいのありようです。私よりもっとずっとがんばっている方々に強運が降り注ぎますように。

さて、今季モデルチェンジしたソックス&ブーツ類、モデルチェンジしたということは宣材写真を撮影しなおさないといけないんですが、このご時世ですのでなかなか自由自在にとはいかず、まだだいぶあたたかい頃の撮影でしたが、普段から接触している人たちでまかなうことにしました。

足のサイズが20cmという小3にも、コドモが履いたらどういう感じになるのか撮りたいから足だけ参加してよ、と言ったら、顔も出たい、と言い出しました。うちはこどもサイズは出していないので(ベイビー用はありますけれど……)、顔まで出したらこども向きと思われてブランドの方向性を誤って伝えてしまうことになるんじゃないかなあ、などと思いましたけれども、まあ一応撮ってみましょうということに。

 

まず撮ったのがコレですね。MサイズとLサイズのソックスたち。真ん中の人が靴のサイズ20cmですけれど、まあゆるいですけれども履けますね。寒がりのお子様にはぜひ。こちらの方は冬でもクラスでたった1人の半袖なんですって。だから毛糸のソックスはいらないそうです。しかしいましたよねそういう小学生、同級生にも。男の子が多かった気がするが女の子もいるんですね……

ブーツバージョンについてですが、裏はこうです。

 

ネイビーの人は見えませんがソックスで、ブルーLとグレーMにはフェルトの底がついています。ステッチが素朴な感じでかわいいかなと思っています。ソファーに足を乗せたりそのままベッドに寝たりするには向きませんが、家の中を歩き回るのには楽チンですね。ずるずるぞうさんにしないで、きっちりフェルト底を踏んで歩いてくださいね。毛糸部分を踏んでしまうと滑るし、破れやすくなってしまうので。

ほかに撮りたかった写真はこちらです。

スリッパを履いたところ。ソックスバージョンでフローリングなどの滑りやすい床を歩くときには、ソックスの上からスリッパを履いてくださいね、とこれまでもお伝えしていたのですが、「えー、こんな分厚い靴下履いたらスリッパに入らないでしょ!」とよく言われるので、いや入りますよという写真を撮りたかったのです。快適に歩けますよ。Mサイズのソックスを履いている方の場合、使い慣れたMサイズのスリッパだったらするっと入るかと思います。新品だと最初は少しきつめかも。Lサイズのスリッパにしてもいいかもですね。

「ハートのブーツソックス」ではなくなってしまったので、新しい名前をつけなくちゃ、と思った瞬間に次の名前は思いつきました。ケイトソックスとケイトブーツ! 簡単ですね。ブーツソックス時代は、「ブーツのときに履くソックス?」と聞かれたりしましたが、もう毛糸のソックスと毛糸のブーツですから、後半はともかく前半はわかりやすいのでよかった。Kate & Co. 、すなわち「毛糸、編んどこう」というブランド名にしておいて本当によかった。あれこれケイト云々と名付けられて便利です。実は今年、商標も登録したんですよ(遅い?)。プロフェッショナルな先輩にアドバイスをいただいて。その節は本当にお世話になりました、今後ともよろしく……! Kate & Co. もますますがんばらなければ、という思いを新たにしております。

ソックスの宣材写真をいろいろと撮りましたが、Kate & Co. のブランドカードも、ケイトキャップとハートのブーツソックスのロング、ショートが写っていて、ケイトソックスとケイトブーツはどちらもミドル丈で統一したため、いまどちらの長さも扱っていないことになるため、撮りなおさなければならなかったのです。編みかけ(風)のソックスとエスプレッソで何カットか撮りました。

 

ソックスを各色取っ替え引っ替えするなどして撮影している間にエスプレッソの気泡がでかくなっているのはお許しください。この板は「雰囲気のある古材っぽい板が欲しい!」と仲良しの大工さんに頼んで、工房に押しかけ、あちこちひっくり返して好きな感じのを発掘したうえ、さらに希望の長さにカットしてもらうという図々しさで手に入れたものです。ヤッタネ。ありがとうございますです。エスプレッソカップは確かBo Conceptで買ったお気に入りのクロスワード柄。柄は見えませんけどね。前にも書いた気がしますが、私は編み物と同じぐらいクロスワード、そして数独が好きなのです。コーヒーやクロスワードとともにあるくつろぎの時間を一緒に過ごしてもらえる商品になるように、というような思いで写真を撮りました。自分な好きなものを詰めた、とも言えるかもしれませんね。

 

これに加え、顔を出したい人と一緒にいろいろ撮った写真もカードにしてみました。

 

よくわからないのも撮れたが、かわいいのも撮れました。キッズサイズの用意のないブランドのカードとしてはおかしいかもしれないですが、いくつかは残すかもしれません。楽しい雰囲気が伝わるかなと思って。いろいろな種類のカードを作れるのは、細かい注文に応じてくださる仙台の印刷会社、ハイパーグラフィックさんのおかげです。近所に住んでいた頃から本当にお世話になっていて、感謝しています。仕事が猛烈に速くて惚れ惚れするのです。

たくさんの方に支えられて続けられています。感謝です。ちびっこたちへのお礼はイラストにしました。

 

ちびっこはキメツに夢中だからな。私の推しは伊之助です。絵も一番簡単だ。上半身裸だから服描かなくていいし、頭はイノシシだしね……

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中